亜鉛が足りていてもこんな人は×

亜鉛が足りていてもこんな人は×

食事で十分な亜鉛が摂取できていても、次のような人は吸収率が低下している可能性があります。
日本の食事は比較的亜鉛の吸収率が低下する食品が多く、バランスよく食事を摂っている方も不足しているのが実情なのです。

 

・ 野菜を多く食べる
・ 大豆食品が好き

 

この2つの食品には注意する必要があります。
まず野菜には多くの食物繊維が含まれます。
食物繊維は亜鉛を包み込み小腸からの吸収を悪くしてしまいます。

 

野菜に含まれる食物繊維は腸からは吸収されず、便として排泄されているのは皆さんもご存知の通りです。
食物繊維と亜鉛を一緒に摂ってしまうと、元々吸収率が悪い亜鉛の摂取量を下げてしまうのです。

 

野菜は健康に良いから、ダイエット中だからと野菜を多く食べる方は注意してください。

 

また、日本食に多い大豆食品も注意する必要があります。
大豆に含まれる成分が亜鉛の吸収率を低下させてしまいます。
味噌汁、納豆、豆腐など日本食には多くの大豆食品が登場します。
日本人が総合的に亜鉛の摂取量が少ないのも、組み合わせる食品で影響が出やすいからです。

 

また食事と一緒にお茶を飲むのも避けたほうが良いです。
お茶に含まれるタンニンも亜鉛の吸収率を低下させることがわかっています。